いつもkickflowをご利用いただきありがとうございます。

kickflowではSlack連携の機能追加・仕様変更に伴い、過去に連携されたkickflowのアクセストークンの削除を予定しております。
外部連携の管理者の皆様におかれましては、お手数ではございますが期日までにSlackの再連携をお願いいたします。
期日までに再連携されなかった場合、kickflowからSlackへの通知が停止する可能性があります。

なお、元々Slack連携をご利用していないお客様につきましては、対応頂く必要はございません。

対応期日

2020年11月04日(水) 23:59

行っていただきたい操作手順

1. kickflowにログインし、「管理機能」>「Slack連携」を開きます。
2. もし連携されている場合、「連携を解除する」をクリックします。元々連携されていない場合は、以降何もする必要はありません。
3. 未連携の状態になると、「Add to Slack」をクリックします。
4. Slackの認証画面が開きますので、「許可する」をクリックします。
5. kickflowにリダイレクト後、再度連携済みになっていれば完了です。

今回の再連携の背景

近日予定しております下記の機能追加・仕様変更により、必要なSlackの権限が変更になったことによる対応です。

  • Slackのスラッシュコマンドによるコメント投稿機能の追加
  • kickflowアプリから不要なチャンネル参加権限(channels.join)の削除
  • 今後、公開チャンネルへの投稿時はチャンネルに未参加のままメッセージを投稿するように変更予定です。

以上になります。
ご不明点がございましたら、弊社の担当者までお問い合わせください。

今後ともkickflowをよろしくお願いいたします。