本日より、ワークフローの経路分岐条件にOR条件が使えるようになりました。

これまで、ワークフローの経路分岐ではAND条件(すべての条件を満たす)のみ使用可能でした。今回、OR条件(いずれかの条件を満たす)が使用可能になったことで、管理者の皆様にとってより柔軟な承認経路の設定が可能になります。既存のAND条件では設定が難しかったり、設定が冗長になってしまっている場合は、是非今回の新機能をお試しください。

今後ともkickflowをよろしくお願いいたします。