kickflowのフォルダ機能が大幅にアップデートされましたのでお知らせいたします。


(管理者向け)フォルダを階層化できるようになりました

ワークフローや経路を大量に運用されているお客様向けに、フォルダの中にフォルダを追加できるようになりました。例えば組織図の部門ごとにフォルダを作成し、その中にチームごとのフォルダを作成するといったことができるようになります。

(申請者・管理者向け)チケット作成時や管理画面において、フォルダからワークフローや経路を選べるようになりました

これまではすべてのワークフローや経路が一覧表示されておりましたが、新たにルートフォルダから辿ってワークフローや経路を選択できるようになりました。

なお、お客様がすでに作成済みのワークフローや経路でフォルダが設定されていなかったものは、自動的にルートフォルダ(一番上位のフォルダ)以下に配置されているため、フォルダから辿るモードでも選択可能になっております。

(管理者向け)フォルダの移動が簡単になりました

管理画面のワークフローや経路の一覧画面において、操作メニューの「別のフォルダに移動」からフォルダの移動ができるようになりました。


以上になります。
今後ともkickflowをよろしくお願いいたします。