kickflowの添付ファイルの閲覧時に、ユーザー認証が必須となりましたのでお知らせいたします。

本リリースの背景

kickflowの添付ファイルは、ユーザーがファイルごとに固有かつ不変のURL(以下、リダイレクトURLと呼びます)にユーザーがアクセスすると、短時間のみ有効な実際のURLが発行され、そこにリダイレクトされるという流れです。このユーザーが最初にアクセスするリダイレクトURLに対して、お客様から「ユーザー認証を必須としたい」という要望を頂いておりました。

この度のリリースによって、kickflowでログイン済みのユーザーのみがリダイレクトURLにアクセスできるようになり、ログインしていないユーザーはログイン画面にリダイレクトされるようになりました。

重要な変更点

本件リリースにあたって、必要な認証処理を挟むために添付ファイルのURLが変更になっております。
旧URL: https://files.kickflow.com/rails/active_storage/blobs/redirect/<ユニークなID>/<ファイル名>
新URL: https://<テナントのID>.kickflow.com/files/<ユニークなID>

過去にチケット情報をCSVダウンロードし、外部のデータベースに連携されている場合は、新しい仕様の添付ファイルのURLを取り込むため再度連携が必要になる場合がございます。ご不明点がございましたら、弊社のサポートまでお問い合わせください。

今後ともkickflowをよろしくお願いいたします。