本日より、ワークフローの管理画面においてフォーム入力や申請者の役職・チームを元に申請を拒否する設定ができるようになりました。

申請者が間違った内容でチケットを申請した場合、承認者が内容をチェックして差し戻すというのが通常のワークフローツールの使い方ですが、本機能を利用することで事前に申請を拒否する条件を管理者が定義しておくことで、そもそも申請者が申請できないようになります(申請しようとすると管理者の設定したエラーが表示されます)。これにより、機械的に判断できる申請内容のチェックをkickflowに任せ、承認者は人間の目で見ないと判断できない内容のみチェックすればよくなり、承認作業の負担が軽減されます。

本機能の詳しい使い方は、こちらのヘルプをご覧ください。

今後ともkickflowをよろしくお願いいたします。