いつもkickflowをご利用いただきありがとうございます。
監査ログがこれまでより便利になりましたのでお知らせいたします。

作成・更新系の操作で作成内容・更新内容が保存されるようになりました

  • レコードの作成系の操作において、どのような内容で作成したかが監査ログに保存されるようになりました。
  • レコードの更新系の操作において、どのフィールドをどの値からどの値へ変更したかが監査ログ内に保存されるようになりました。
  • いずれの監査ログにおいても、一部のフィールドは保存の対象外となります。

IPアドレス/リクエストIDが保存されるようになりました

  • 監査ログにリクエスト元のIPアドレスとリクエストのIDが保存されるようになりました。
  • こちらの対応は2021/05/20から反映されております。

監査ログのイベントが追加されました

  • 以下のイベントが新たに監査ログに保存されるようになりました。
  • ユーザーの削除・一時停止・再有効化 ※ユーザーの更新イベントから分離されました
  • 会社からのお知らせの更新
  • Webhookの作成・更新・削除
  • 許可IPアドレスの作成・削除
  • IPアドレス制限設定の更新
  • 監査ログのエクスポート

監査ログの閲覧画面でフィルタできるようになりました

  • 監査ログの閲覧画面において、操作ユーザー・操作カテゴリ・日付によるフィルタができるようになりました。

今後ともkickflowをよろしくお願いいたします。