いつもkickflowをご利用いただきありがとうございます。本日より、管理者の作業中にチケット操作をブロックできるようになりましたのでお知らせいたします。

背景

ワークフローの運用には、組織図のメンテナンスや職務権限規定に基づく承認経路のメンテナンスが不可欠です。大規模な組織改編や職務権限規定の変更時には、管理者により大規模な編集作業が必要になります。しかし、ワークフローがすでに運用されている状態で編集作業を行うと不完全な組織図や経路に依存して稟議が実行される恐れがあり、こうした状態を避けるためには影響の少ない深夜や休日に管理者の対応が必要になるという問題がありました。

機能の紹介

管理センターより「作業中モード」を有効化できるようになりました。作業中モードでは、チケットの作成や承認といった操作がブロックされ、エラーを返すようになります。また、作業中モードのテナントではすべての画面に作業中モードである警告が表示されます。

詳しい使い方はこちらのヘルプをご確認ください。

対象プラン

本機能はスタンダードプラン以上のお客様にご利用いただけます。

最後に

kickflowでは今後もお客様のご要望を元に、積極的に新機能の開発や改善に取り組んでまいります。ご要望がございましたら、弊社の担当者またはお問い合わせフォームまでお伝え下さい。

今後ともkickflowをよろしくお願いいたします。